拍米日記

孤高でありたい

東北一周旅行記⑧ 6日目(仙台・帰途)

東北旅行も最終日。この日はまだ観光していなかった仙台市内を観光。帰りも当然在来線なので、観光する時間はあまり無かったのだけれど。 仙台といえば青葉城。青葉って名前が良い。あまりにも個人的な意見だが。 山の上…だけど近くまで地下鉄で行ける。優し…

東北一周旅行記⑦ 5日目(宮城球場)

もう既に体力が枯渇している5日目。もはや観光を諦めつつあるので写真が少ない。そして山形は観光する場所が思いつかなかったのもあって本当に何もしていない。またの機会があれば、優先して行くべきなのでは。 朝の大曲はどこか寂しげ。閑散とした駅前はや…

東北一周旅行記⑥ 4日目(弘前・秋田)

思いつきで始まった旅も4日目。よりにもよってこの体力が無い日にカプセルホテルに泊まったせいで、身体のあらゆる部分が重く感じていた。もうそろそろ限界らしい。それでも弘前を観光しないわけにはいかない。そんな義務感に支配された4日目前半。 弘前には…

東北一周旅行記⑤ 3日目②(青森)

宮古駅を出たのが8時。岩泉小本駅に戻ってきたのが11時過ぎ。宮古~岩泉小本、岩泉小本~龍泉洞がそれぞれ30分くらいかかるのでこの日はここまでかなり駆け足の観光。ここからはゆったりのんびり列車旅。 岩泉小本駅11:40発の列車に乗って、北へ。 岩泉小本→…

東北一周旅行記④ 3日目①(岩泉)

これは旅行の計画を立てているとき。 私「東北行くんつもりなんだけどいい観光地無いかね?」 友人「あー、龍泉洞とか行けば?」 私「面白そうだけど、これどこ…?」 と言うあまりにも適当な感じで行くことになった岩泉町。本州で一番大きい町らしい。もしこ…

東北一周旅行記③ 2日目②(角館)

さて、盛岡から西、秋田県仙北市角館へ。盛岡~角館*1は一応秋田新幹線が走っているが、北海道・東日本パスでは当然乗れないわけで。同じ線路を走る在来線(田沢湖線)に乗って角館へ。途中の区間は1日5本しか在来線が無い。そのせいもあり、角館滞在時間は1…

東北一周旅行記② 2日目①(平泉)

2日目、仙台からさらに北へ。目指すは平泉。仙台市営地下鉄にて。当時はまだbjリーグだった。梅雨は明けていた(7/29梅雨明け)が、まだ雨もちらほら。外にいるときは偶然雨に遭わなかった。 人が歩いていない早朝の仙台市内から、小牛田とかいう謎の駅を経…

東北一周旅行記① 計画編~1日目(松島)

これは少し時間を遡った、2016年の夏の話。その当時の私はまだ旅行経験も浅く、18きっぷを使った鈍行旅こそ経験はあるものの、日帰りしか経験したことが無かった。そもそも、泊りがけの一人旅すら経験が無かったくらい。 さて、私は出身が近畿地方ということ…

最も種族値が個性的なポケモンは誰か?

現代社会は、皆が皆、それなりの画一的な能力が求められていた時代とは異なり、何か秀でた能力、いわば個性を求められる時代になりつつある。出る杭が叩かれる時代から、出る杭を伸ばす時代になるのだろうか。目指せオンリーワン。 ポケモンでも、個性的な能…

空白のすばやさ種族値53を考察する

ポケモンの能力値はHP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさの6種類からなる。この6種類の能力値のうち、最も大事な能力はどれだろうか。 ポケモン対戦を多少なりとも考え、戦ったことのある人なら、ほとんどがすばやさと答えるのでは無いだろ…

延期になっているFIFA W杯アジア予選の状況を思い出そう

COVID-19の影響で様々なスポーツが影響を受けているわけですが、特に世界を渡り歩くスポーツ*1や、国際試合への影響がすさまじい。サッカーでも、最近になって国内リーグは欧州等でいくつか戻りつつあるが、UEFA-CLやACLなどは中断されたままで再開の日程は…

FEHのAスキルを眺める

今回はファイアーエムブレムヒーローズ、通称FEHというスマートフォンゲームのお話。2017年にリリースされたこのゲームは、なんだかんだで4年目を迎え、まあそれなりに発展してFEファン(通称エムブレマー)の中でも一定の地位を占めているようだ。 さて、4…

スポーツ観戦記① 2017.07.07 広島vsヤクルト

七夕。それは笹に短冊を吊るすこと、織姫彦星伝説がある以外は正直あまり知らない行事。それでも、ラッキーナンバーと言われる7が重複する何か特別な日。そんな日に、私が見た奇跡のお話。 2017年7月。広島は順調に貯金を伸ばして首位独走態勢。圧倒的な野…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記㉒ おまけ

おまけ。本編に書くほどのものではないものを残しておく場所。というわけで、旅行記本編で書くほどのものではなかったもの、書き忘れたもの、その他もろもろのコーナーです。気づいたら増えてるかも。 そもそもの旅程 そういえばそもそも全体の旅程の話をし…

赤髪の話①

※注意事項※個人の価値観と酷い偏見に満ちた汚い文章のため、ブラウザバック推奨。こんな文章を読むくらいならプニキやれ。 私は友人にしばしば「赤髪のキャラクターが好きすぎる人間」「赤髪ならなんでもいい奴」「髪色しか見てない」「作品に赤髪がいないと…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記㉑ 帰り路

8日もロシアにいたら日本が恋しくなるんだろうなあ、とか思っていたのは旅の前。旅路ではいつものことではあるものの、日本に帰りたくないという思いが募っていた。とはいえ、不法滞在になるわけでもないのでさっさと帰りましょう。 ちなみに。この日の時点…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑳ サンクトペテルブルク4日目③ 最後の夜に

旅の最後には名残惜しさを感じるのがいつものこと…のはずだったのだが。この時の我々はあまりにも疲労が先行していて、名残惜しさを感じる余裕が無かった。今となってはとても惜しい時間だったはずなのだけれど。 ロシア美術館 ちょっと脇道に逸れてしまった…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑲ サンクトペテルブルク4日目② 戦争の記録と幻覚

旅行も8日目。毎日のように美術館・博物館を巡り、街を縦横無尽に歩き回っていると、身体はもちろん精神も疲弊してくるわけです。数日前から既に定期的にベンチに座って休養しないと充電が切れる状態になってしました。当然ながら、この日にはその疲労が極大…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑱ サンクトペテルブルク4日目① 旅路の果て

ピョートル大帝、エカチェリーナ2世らの系譜を繋ぎ、長く続いたロシア帝国は、第一次世界大戦とその後の激動で共産主義国家にとって代わることとなった。その流れの中で、皇帝一家は悲惨な終末を迎えることとなり、数十年もの間歴史の闇に葬られたのでした……

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑰ サンクトペテルブルク3日目③ 宝物庫とお土産

ロシアに来てから、宝飾品類を展示する博物館をやたら見ていた。もちろん私がこういうのが好き、というのはあるのだけれど、ソ連という時代に芸術品含め、個人の資産を国家が接収して国民に公開した、みたいな歴史があるんだろうか。と、今この文章を書いて…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑯ サンクトペテルブルク3日目② vsエルミタージュ新館

サンクトペテルブルク滞在も3日目になると、この街の美しさに心を奪われたのか、「帰りたくない」、「住みたい」、「寒さすら愛おしい」と連呼するようになった。精神状態がかなり狂ってきていることがわかるエピソード。そういえば、サンクトペテルブルクで…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑮ サンクトペテルブルク3日目① ネヴァ川を越えて

St.Petersburgで検索すると、フロリダ州のセントピーターズバーグが出てきたり出てこなかったりする。ここの名前はサンクトペテルブルク出身者が都市に名前を付けたかららしい。アメリカの植民都市によくあるパターン。サンクトペテルブルクとは似ても似つか…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑭ サンクトペテルブルク2日目② マリインスキーと街歩き

ロシアと言えば、白鳥の湖やくるみ割り人形といった作品を代表する、バレエを想像する人も多いのでは?というわけで、この日の夜はバレエを見に行ってきました。 マリインスキー劇場 マリインスキー劇場は19世紀、帝国時代からある劇場。帝国時代から、ロシ…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑬ サンクトペテルブルク2日目① VSエルミタージュ

サンクトペテルブルクの観光名所と言えば、やはりなんといってもエルミタージュ。旧ロシア王宮を含むこの美術館は、ロシアだけにとどまらずユーラシア世界各所の美術品・宝物を収蔵。とても価値の高い博物館です。そして目の前にネヴァ川を望むこの建物は、…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑫ サンクトペテルブルク1日目② 美しすぎる街散策と演奏会

サンクトペテルブルクの街の美しさを知ってほしい。そういう記事。 様々な像集 最初に述べた通り街の美しさの話をしたいのだけれど、それはともかく。ロシアは何かと大きなモニュメントを建てるのが好きらしい。それはモスクワでも何度か見た(モスクワ川に…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑪ サンクトペテルブルク1日目① ロシア正教教会巡り

サンクトペテルブルクの街の名は、サンクトペテルブルク→ペトログラード→レニングラード→サンクトペテルブルクというように3度も変化していて、最終的にサンクトペテルブルクという元の名に戻っています。ところで、サンクトペテルブルクの名前はもとに戻っ…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑩ サンクトペテルブルクへ

日本では、大都市から都市郊外や遠方に向かう鉄道の起点が集まる駅のことを指してターミナル駅という言葉が使われます。例えば、東京なら東京、品川、上野、新宿、渋谷、池袋あたりが、また大阪なら大阪・梅田、新大阪、難波、天王寺あたりが該当するでしょ…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑨ モスクワ3日目② ミュージアムRTA

さて、音楽鑑賞を終えた我々は時間の無い中でモスクワを最大限に観光するために、ここからは加速して観光しました。そして足が死ぬ。許して。 ロシア現代史博物館 ロシアは複雑な歴史があるため、歴史博物館が1つじゃ足りない。ということで現代史博物館。こ…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑧ モスクワ3日目① 宙への行進曲

3日目はもう一度モスクワ市内の観光。ところでこの日、ロシアでは「祖国防衛の日」という祝日だったようで、街中ではそれに合わせた催しが各所でありました。1918年に赤軍がドイツ軍に勝った記念日だそうで。「男性の日」という意味合いもあるらしく、女性が…

モスクワ・サンクトペテルブルク旅行記⑦ モスクワ2日目④ クビンカ後

クビンカ戦車博物館への往復に利用したYandex Taxi。この後の旅でも幾度となく利用することになったのですが、その回数だけロシア人ドライバーとの出会いがあったということ。今回はその中でも一番印象に残ったドライバーとの、一期一会のお話。 帰り道、第2…